辻空(元広島カープ)の現在は独立リーグ?プロフィール・現在をチェック

プロ野球の秋の名物といえばドラフト会議ですよね。
プロ野球の世界に指名された選手の喜びの顔をキラキラしています。

 

しかし、新しく入団する選手もいれば、戦力外となり退団となる選手もいます。

 

今回は2018年のオフに戦力外となった元広島カープの辻空(つじ そら)投手を調べてみました。

 

広島カープを戦力外となった後、野球を辞めているのでしょうか?
諦めずに野球を続けているのでしょうか?

プロフィールや現在を調べてみました。

辻空のプロフィール・経歴

辻空選手は1994年4月24日に岐阜県岐阜市で生まれました。

 

野球好きの家庭に生まれた辻選手は、小学校2年生になると当然のように野球を始めたそうです。
ちなみにその頃から投手一本でした。

 

185センチで体重も90キロくらいある辻選手ですので、昔から身体もでかかったのでしょうね。
ずっと投手を任されるぐらいですので才能やセンスも頭一つ抜けていたのでしょう。

 

中学校は地元の中学の軟式野球部に所属したいました。
プロ野球選手だと中学時代は硬式のクラブチームに入っていた選手も多いですが、辻選手はそうではなかったようですね。

そして、高校は岐阜城北高校に入学しました。
岐阜城北高校はプロ野球選手も数人輩出している岐阜県内の強豪校です。

 

そこでも頭角を現した辻選手は2年の秋から主戦投手となりました。
そして3年の春には県でベスト4になり、3年の夏にはなんと最速143キロまで球速をあげるなど県内屈指の右腕として注目を浴びました。

 

残念ながら、ベスト8で敗退してしまいましたが、その年岐阜県代表の岐阜商業高校から要請を受けて打撃投手として練習に参加したそうです。

 

他校から見てもその実力は素晴らしく光っていたのでしょうね。

 

そして、2012年のプロ野球ドラフト会議で広島東洋カープから育成ドラフト1位で指名を受け入団しました。

 

プロ野球選手になりたくてもなれない人が多い中、高卒でプロ入りするなんて、よほどの素質があったのだと思います。すごいですね!

 

 

辻空の広島カープ時代

育成選手で入団した辻選手は、練習での努力や2軍での試合で結果を出し、入団して4年目の2016年に支配下選手へとなりました。

育成選手のまま終わる選手も多い中、支配下されるまでいったのでかなり努力されたのだと思います。

 

しかし、支配下登録はされたものの1軍での登板はありませんでした。
才能のある選手でも試合に出れないなんて、プロ野球は厳しい世界ですね・・・

 

そして、入団しての6年目の2018年のオフに戦力外通告を受けました。

 

その後のトライアウトを受けましたが、獲得するNPB球団は現れませんでした。

 

しかし、辻選手はプロ野球の世界を諦めませんでした。

辻空の現在は独立リーグ?

 

 

広島カープを退団となった辻選手は2019年に独立リーグの埼玉武蔵ヒートベアーズへと入団することになりました。

 

独立リーグとは、プロ野球の独立リーグでプロ野球選手を目指す人はもちろん、一度プロをクビになった選手がまたプロ野球選手を目指すために活躍の場を求める場所でもあります。

 

辻選手は再びプロ野球で野球をすることを目指して頑張っています。

 

諦めないその姿勢が素晴らしいですね。応援したくなります。

 

2019年は26試合に登板して、3勝2敗2セーブと結果を出し、プロ野球のトライアウトを受けましたが獲得される球団は現れませんでした。

 

まだ、年齢も若く球速も150キロを超すスピードがあるそうなので獲得する球団も現れてほしいですね。

辻空のプロフィール・現在のまとめ

一度はプロ野球の華やかな世界に足を踏み入れた辻選手でしたが、残念ながら6年間で一度も1軍の試合にでることなく広島カープを退団することになってしまいました。

 

しかし、またプロ野球のユニフォームに袖を通すことを夢見て独立リーグで頑張っています。

 

まだ若く可能性も秘めている辻選手ですので、頑張ってもらいたいですね!
そして、華やかな世界でのマウンドで輝いている姿を是非拝見したいです!

 

以上、辻空選手についてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!