行動を変える方法は?行動変容のステージを知り目標水準を上げる。

目標を立てたはいいけど行動できない・・・。行動してみたものの続かない・・・。

 

そんな悩みを持っている人もいるかと思います。

 

そんな時は自分が行動においてどのステージにいるのかがわかると、いまやるべきことが明快になり、やる気が高まり、行動を変えるヒントが見つかるのです。

 

ここでは行動変容におけるステージモデルを説明していきたいと思います。

行動変容におけるステージモデルを知ろう

行動が変わる段階は5段階あり、これらをステージモデルと呼びます。

 

その5つのステージとは、無関心期、関心期、準備期、実行期、維持期の5つです。

 

1つのステージから次のステージへは直線的に進むのではなく、前後のステージを行き来しながら、行動は変わっていきます。

 

では、1つ1つ私の友達を例に説明しましょう。
私の友達がダイエットに至った時の話です。

 

友達が急に太りだした時期がありました。「少し太ったんじゃない?痩せたら」と私は忠告しましたが「これくらい全然大丈夫だよ」と聞く耳を持ちません。

行動を変える気持ちが無く、忠告されても耳を貸さない状態。これが無関心期です。

 

ちなみに行動変容の基本は、自分で気づいて自分でアクションを起こすことです。
他人から言われても、本人にその気がなければどうしようもないからです

 

友達も自分で気づきました。
会社の健康診断で体重を計った際に、自分の思っているより体重の増加が激しかったそうです。「やせたほうがいいかな」と口にしていました。

具体的な行動は起こされていませんが、行動を変える気持ちになっています。これが関心期です。

 

そして友達はダイエットの情報を模索し、「一人ではダイエットが続かない」からと自宅近くのジムの会員に登録をしました。

自分の願望を実現するために具体的な方法を決めてアクションを起こすこと。これが準備期です。

 

そして、友達はまずは自分のできる範囲からジムに通い始めトレーニングに励みました。

行動を起こしてから6カ月以内が実行期になります。

 

そして、徐々に通うペースを増やしていき、ジムの常連さんとなっていきました。ダイエットはもちろん成功し、驚くほどのマッチョへと変貌を遂げました(笑)

行動を起こして6カ月以上が維持期となります。

 

このように段階を経てステージがレベルアップしていきます。
自分が今どのステージにいるのか意識していくことでやる気が高まり、行動を変えるヒントが見つかっていくのです。

常に自分が5段階のステージモデルのどこにいるのかを意識して、次のステージに移るためには何をすべきかを考える習慣をつけていきましょう。

段階的に目標水準を上げる

一番やる気の出る目標水準と言うのは「できるか、できないかが五分五分」と言うのが理想です。

 

しかし、自分が苦手なもの、かつて三日坊主で終わった経験があるものに関しては、成功度の高い目標を先に置き段階的に目標水準を引き上げる方法も有効です。

 

私の友達はジム以外にも食生活の改善にも挑戦していました。
友達は毎朝砂糖をたっぷり入れたコーヒーを飲んでいました。しかしそれを野菜ジュースに変えたのです。小さい所ですが、まずはそこから始めました。

 

それが続いていくと、自分に自信がつき、次は間食をしなくなり、それも続いていくと毎晩飲んでいたお酒も控えるようになったそうです。

 

このように、成功の結果を集めて自信がつくと、五分五分の目標水準のハードルが上げられます。
達成感も上がり、効果も高まっていくのです。

友達がジムに行くことを継続できたのも、まず小さな成功を積み重ねることができたからだと思います。

 

最初からいろんなことをやりすぎてしまうと挫折をしてしまい継続が難しくなると思うので、まずは成功の結果を集めるためにも小さな成功から集めていく方法もおすすめです。

そしてレベルアップしていきましょう!

無関心から関心に向かう方法

無関心から関心期にはなかなかステージアップしない場合もあります。
ダメだとわかっていても行動を起こす気持ちになれないのです。

 

そんな時は「プラスマイナス表」を使います。
これは自分がとっている行動をプラスと思うものにマイナスに思うものに仕分けする表です。

 

これを書いていくと、マイナスを減らしてプラスを増やしたいと自然に思うようになります。

 

こうしてプラスを増やそうとするうちに、いつの間にか無関心期から関心期、関心期から準備期、そして実行期へと移動していくことができるのです。

 

自分が次のステージへと向かっていないなぁと感じた時は、ぜひこの「プラスマイナス表」を活用してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

今回のお話はいかがでしたか?

 

行動の変わっていく段階にもステージというのがあるのです。
自分がステージを上がっていくときゲームをクリアしていくみたいで面白いですよね。

 

モチベーションが上がらない時、次の段階へと進むんだという気持ちで取り組めば、やる気も上がっていくのではないかと思います。

 

そして、できることから始めて徐々にその幅を広げていきましょう。
段階が維持期に入ったころには今までにない新しい自分になっていると思います。

 

そうなれるように頑張っていきましょう!

 

 

最新情報をチェックしよう!