早川隆久(早稲田大)の中学・高校は?早稲田大学での成績もチェック

2020年のプロ野球ドラフト会議で投手としてドラフト1位で複数の球団で争奪戦になると言われている選手がいます。

 

それが早稲田大学の早川隆久選手です。

 

サウスポー投手の早川選手ですが、その左腕から放たれる速球はなんと155キロ!

 

プロの世界でも即戦力として期待されています!

 

今回の記事では早川隆久選手の中学・高校、早稲田大学での成績をお伝えしていきます。
今後プロ野球の世界でも活躍していくであろう早川隆久選手なので最後まで要チェックです!

 

早川隆久の中学時代

早川隆久のプロフィール

生年月日:1998年7月6日

身長:179cm

体重:72キロ 

出身:千葉県

 

現在、早稲田大学でエースピッチャーとして活躍している早川隆久選手ですが、中学時代はどうだったのでしょうか?

 

千葉県に生まれた早川隆久選手は、中学を横芝町立横芝中学校に入学しました。
そこで軟式野球部に入部し野球をしていました。

 

もちろんエースピッチャーだったんでしょ?と思われるかもしれませんが、実はそうではなかったそうです。

 

その頃からピッチャーもやっていた早川隆久選手ですが、エースピッチャーは別にいました。
早川隆久選手は一塁手兼投手として活躍していたそうです。

 

チームは県大会でベスト8になるなど、県内でも強いチームだったようですね!

 

中学からバリバリにエースピッチャーとして活躍されているのかと思っていたので、そうじゃなかったのが少し意外でしたね。

早川隆久の高校時代

中学ではエースピッチャーではなかった早川隆久選手ですが、高校時代はどうだったのでしょうか?

 

早川隆久選手は高校は千葉県の強豪校である木更津総合高校に入学しました。

 

ピッチャーとして入部した早川隆久選手ですが、入部当初は外野にコンバートされるなど投手としてあまり期待されていなかったようです。

 

しかし、1年の夏の大会前に左投手対策としてチームのバッティング練習に登板した早川隆久選手は主力である上級生から空振りをとるなど自信をつけ、その後に監督に投手を志願。
監督も練習での活躍は目に焼き付いていたようでそれを受け入れました。

 

そして1年の秋から強豪校である木更津総合高校でベンチ入りを果たした早川隆久選手は、2年の春にはセンバツで控え投手として出場しました。

 

投手として復帰した後、ものすごく成長をしたようですね!

 

そして、3年になるとエースピッチャーとして活躍し、センバツ、夏と甲子園大会に出場し両方ともベスト8になり、日本代表にも選ばれるなど世代でも屈指の選手として知られるようになりました。

 

入部当初はあまり期待をされていなかったと考えるとものすごい成り上がりですよね。
何がきっかけで人が変わるかわかりませんね!かなり努力もされたのだと思います!

 

そして、高校で名を知られるようになった早川隆久選手は大学は早稲田大学に進学しました。

 

早川隆久の早稲田大学時代の成績は?

 

早稲田大学に入学した早川隆久選手は1年生の春から登板を果たしております。

 

エリートばかりが集まる早稲田大学の野球部でかなりすごいことですよね。

 

1年の春から2年の春までの成績は1勝5敗とかなり苦戦していた早川隆久選手ですが、2年の秋からは実力を発揮し出します。

 

2年の秋は15回を投げて1勝1敗ながら、防御率1.72と活躍大きく成長し、3年の春からは主戦投手として活躍するようになりました。

 

3年の春は8試合に登板し51回を投げ3勝2敗でした。そして防御率が2.09とリーグ3位を記録しました。

 

大学でも屈指の選手となった早川隆久選手は3年で大学日本代表に選ばれることになりました!
そして日米大学選手権での優勝にも貢献しました!

 

早川隆久選手は第2戦と第4戦に先発し合計で9回を投げ1失点で自責点は0!
見事最優秀投手賞を受賞しました!

 

日本だけでなく、アメリカでもその実力は通用したようですね!すごいです!

 

4年になるとその実力は周りを圧倒して、秋の大会では4試合を投げて3勝0敗で防御率はなんと驚異の0,34!

 

ほとんど打たれてないですね・・・。まさに大学生の中にプロが混じっているような感じです。

 

大学時代の通算成績は50試合199回を投げて11勝12敗で防御率2.71でした。
負け数の方が多いですが、活躍し始めた2年秋以降は10勝7敗で、特に4年時はコロナの影響で試合数は少なかったですが4勝0敗と圧倒的な成績を残しております。

 

プロに進んで、その実力はこれからも伸びていくことでしょう。

 

早川隆久の中学、高校、早稲田大学での成績まとめ

 

当記事では早川隆久選手の中学、高校、早稲田大学での成績をわかりやすくお伝えしていきました。

 

左投手で150キロを超える速球を投げ込む早川隆久選手。

 

その速球はプロの選手をも苦しめるのではないでしょうか?

 

すでに大学では圧倒的な選手なので、プロでの活躍がとても楽しみですね!

 

即戦力として期待されているので、来年は新人王をとって入ったチームの優勝に貢献して欲しいですね!
今後の活躍にも期待しております!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!