ティモンディ高岸が始球式で涙!その理由は?球速は何キロ?

昨年から人気急上昇中のお笑い芸人「ティモンディ」の高岸さんが2020年10月4日のヤクルト対広島戦で始球式に登場しました。

 

相方の前田さんと共に愛媛県の強豪済美高校野球部の出身で野球の上手い芸人で知られる高岸さんですが、なんと今回が始球式初登場。

 

そして、始球式のマウンドに立った高岸は投球前のマウンド上で涙!

 

その理由と、最速150キロを投げる高岸の始球式での球速は?調べてみました!

 

ティモンディ高岸の涙の理由は?

 

かつてプロ野球の世界を目指していた高岸さんですが、故障によりプロ野球の道を断念しました。
ポジションはピッチャーでしたので、プロ野球の試合でマウンドに立つのが夢だったと思います。

 

そして今回、始球式ながらプロ野球の試合でマウンドに立つことができました。

 

野球芸人として人気のティモンディですが、意外にも今回が初の始球式の登場でした。

 

そして、よほどそのマウンドに立つことが夢だったのでしょうか、なんと高岸さん投球前のマウンド上で涙を流してしまいました

 

 

その感極まった姿に私も感動してしまいました。

 

そして、高岸さんだけでなく、キャッチャーを務めた相方の前田さんも号泣。

 

高校時代からの仲良しの2人なので、そろってプロ野球の舞台に立つことができて感動したのでしょうね。

 

これからもっと始球式の仕事をもらえるといいですね。

ティモンディ高岸の始球式でも球速は?

高岸さんですが、その野球の実力はプロ野球の世界にも注目されるほどで、実際にプロ野球の球団からも声がかかっていたそうです。

 

そして、その球速のマックスは150キロ!

 

そんなプロ顔負けの球速を誇る高岸さんの始球式での球速は何キロだったのでしょうか?

 

その球速はなんと・・・138キロ!

150キロからしたら物足りないですが、芸能人の始球式と考えたらかなり速いです!
さすが高岸さんですね!

 

その結果をうけて高岸さんはインタビューでこう答えていました。

 

「野球ファンの方もそうですし、松山からの声も届いているような気がした。泣いちゃって力は抜けましたが、その中でも心の170は出せたと思います。今の僕のフルパワーは出せた」と138キロの結果に笑っていた。

スポニチ Sponichi Annexより引用

 

 

 

心の170キロとはなんとも高岸さんらしい答えですね(笑)

 

高岸さんには是非とも実際の球速でも170キロを目指していただきたいです!!

 

ティモンディ高岸の涙の理由と球速まとめ

 

ティモンディ高岸さんは夢のプロ野球のマウンドに立てて感極まって涙していたようですね。

 

一度は諦めた夢であるプロのマウンド。
そこに始球式ながら立てたのは夢が叶ったのはとてもうれしかったのでしょうね。

 

今回は138キロという数字でしたが、次は140キロ、150キロと記録を伸ばしていってほしいです。

 

そしていずれは170キロへ!

 

高岸さんならやってくれそうな気もしなくはないです(笑)
これからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!